スターターキットライセンス契約書

  • HOME
  • スターターキットライセンス契約書

スターターキットライセンス契約書

ご確認の上、ページ下部の『同意する』するボタンをクリックしてください。

 

本スターターキットライセンス契約書(以下「本契約書」という)は、本契約書に同意された個人または法人(以下「甲」という)とオムロンヘルスケア株式会社(以下「乙」という)との間で、甲が「同意する」をクリックすることによって本契約書に同意された日をもって締結されます。本契約書は甲がライセンス対象ソフトウエアの単独バージョン、オンラインバージョン、その他のバージョンへのアクセスとその使用の許可を取得する条件を定めるものとします。

本契約書は注意深くお読みください。「同意する」をクリックするかライセンス対象ソフトウエアをダウンロード、インストール、起動、または使用することによって甲は本契約書の条項に拘束されることに同意することになります。甲が本契約書の条項全てに同意しない場合には「同意する」をクリックしないでください。甲が、自身の雇用者その他の法人のために本契約書の条項に同意する場合、甲は自身が甲の雇用者または当該当事者を本契約書に拘束する完全な法的権限を有していることを表明し保証するものとします。

第1条  定義

本契約書で使用する場合、以下の用語は下記の意味を有するものとします。

1.1
「関係会社」とは、会社、企業もしくは法人で、ある当事者に支配されるもの、および/または会社、企業もしくは法人である当事者を支配するもの、および/または会社、企業もしくは法人で、前述の会社、企業もしくは法人のいずれかによって支配されるものを意味します。ただし、かかる会社、企業もしくは法人は、支配が存続する限りにおいてのみ関係会社と見なされるものとします。これらの目的に関して、会社、企業もしくは法人が他の会社、企業もしくは法人に支配されているとして取り扱うのは、他の会社、企業もしくは法人が当該法人の議決権の半数以上を所有している場合、および/または諸事項について指示することができる場合、および/または取締役会その他同等の機関の構成を支配することができる場合とします。

1.2
「甲の取引先」とは、甲の製品を評価する潜在顧客を意味します。

1.3
「ライセンス対象ソフトウエア」とは、乙の健康機器、医療機器とのBluetoothを使用するデータ通信に関係して、乙が甲の製品の開発用に提供するソースコードおよび関係資料を意味し、そのアップグレード、修正版、アップデートおよび追加を含みます。

1.4
「甲の製品」とは、甲が開発したアプリケーション、ドライバーその他のコンピュータープログラムで、ライセンス対象ソフトウエアの全部または一部を含むことがあり、乙の健康機器、医療機器とのデータ通信に使用するものを意味します。

 

第2条  ライセンス供与

2.1
乙は本契約書の条項に基づき甲に対し、ライセンス対象ソフトウエアを専ら甲の製品の開発および頒布の目的で使用する、制限付き、取消可能、譲渡不能、非独占的、サブライセンス不能、現状有姿による、ロイヤリティフリーのライセンスを供与します。

2.2
前項によって甲に明示的に供与されない権利は、すべて乙が留保するものとします。

2.3
本契約書は乙または乙の関係会社に属する商標、ロゴもしくはその他の標識を使用する権利を甲に供与するものではありません。

2.4
甲はライセンス対象ソフトウエアを非合法、違法もしくは非倫理的活動に使用してはならず、犯罪または不法、非合法、違法もしくは非倫理的行為に関与する、もしくは関与を助長する甲のソフトウエアを開発してもならないものとします。

2.5
乙は、ライセンス対象ソフトウエアを、通知なくいつでもアップデートその他の変更を行うことができるものとします。乙がライセンス対象ソフトウエアをアップデートした場合、アップデートが個別のライセンス契約を伴わない限り、当該アップデート版は本契約書の条項に準拠します。乙はすべてのアップデート版について、ライセンス対象ソフトウエアで利用できるようにする義務を負いません。乙がアップデート版を利用できるようにする場合、アップデート版は旧バージョンのライセンス対象ソフトウエアで提供されたものとは異なる特徴、サービスもしくは機能を備えている可能性があります。

 

第3条  無保証

3.1
乙は甲に対しライセンス対象ソフトウエアを、あらゆる不備または不適合の存在可能性を含む「現状有姿」の状態で、かついかなる種類の保証も行うことなくライセンスします。甲はライセンス対象ソフトウエアを専ら自己の責任において、かつ自己の単独の費用と危険負担において使用することを承認しこれに同意するものとします。乙は、明示または黙示を問わず、一切の保証を行わずかつ免責されるものとします。この保証は、権原の有無、第三者の権利に関する非侵害、設計の保証、商品性または特定の目的への適合性に関する黙示の保証を含み、これらに限られません。乙はライセンス対象ソフトウエアが甲の要求事項に適合すること、その作動が中断されずエラーもないこと、不備または不適合があった場合にこれが修正されること、またはいかなる種類のもしくは将来の乙の製品と互換性があることも保証しません。乙またはその権限のある代表者が口頭または文書で情報もしくは助言を提供したとしても、何らの保証を創出するものではなく、本契約に基づく乙の義務の範囲を拡張するものでもありません。甲は、甲が乙に対して取得する可能性のある、ライセンス対象ソフトウェアおよび/または本契約書から発生する一切の請求権を放棄するものとします。

3.2
乙はライセンス対象ソフトウエアをいつでも通知なしに拡張し、アップデートしまたは変更することができます。ただし、乙は甲に対してアップデート版もしくは変更版を提供する義務を負いません。アップデート版または変更版が甲の利用に供された場合、かかるアップデート版または変更版には、個別のライセンス契約が伴わない限り、本契約書の取引条件が適用されるものとし、個別のライセンス契約を伴う場合、かかるライセンス契約の取引条件が適用されるものとします。

3.3
乙は、甲もしくは甲の取引先に対して、サポートまたはエンジニアリング上の支援を提供する義務を負いません。

 

第4条 免責

4.1
ライセンス対象ソフトウエアは甲の便益および便宜のために現状有姿で提供されます。乙、その関係会社、またはそれらの代表取締役、役員、従業員、もしくは代理人のいずれも、いかなる場合であっても甲または第三者に対し、その原因を問わず責任を負いません。これには、契約、不法行為、過失、法律上の原因を含み、また請求の形式も問わないものとしますが、これらに限られるものではありません。乙、その関係会社、またはそれらの代表取締役、役員、従業員、または代理人のいずれも、甲または第三者に対し、いかなる種類の直接的、間接的、特殊的、偶発的または二次的損害で、ライセンス対象ソフトウエアその他本契約書に基づいてもしくはこれに関連して発生する、またはこれに関係するものに関して、逸失利益、データの喪失、事業中断、その他の商業的損害またはその他の損害について、かかる損害の可能性について告知を受けていたか否かに関わらず、責任を負わないものとします。

4.2
本契約書が、消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第3項の消費者契約に該当する場合、乙の故意または重過失により、ライセンス対象ソフトウエアその他本契約書に関し甲が被った損害については、乙は、その責任を負うものとします。

 

第5条  フィードバック

甲は、ライセンス対象ソフトウエアを含むその製品もしくはサービスに関して、助言、コメント、その他のフィードバック(以下総称して「フィードバック」)を乙に提供することができます。フィードバックは自発的なものであり、乙はこれを機密情報として取り扱う義務を負いません。乙はフィードバックをいかなる種類の義務も負うことなくあらゆる目的に使用することができます。フィードバックの使用に際して甲の知的財産権にもとづくライセンスが必要となる場合、甲はフィードバックをライセンス対象ソフトウエアのアップデートを含め乙の事業に関連して使用することのできる、取消不能、非独占的、永続的かつロイヤリティフリーのライセンスを乙に供与するものとします。

 

第6条 補償

甲は、乙(その関係会社、取締役、役員もしくは従業員を含む)(以下総称して「乙補償対象者」)について、(a)甲による本契約違反、(b)甲の関連法規違反、(c)甲の故意または過失に基づく不法行為、(d)甲の製品、または(e)甲の製品が第三者の知的財産権もしくは財産権に違反し、またはこれを侵害しているとの申立の結果として乙補償対象者が被る、現実に発生したまたは発生可能性のある請求、損失、責任、損害、支出および費用(合理的な弁護士費用および専門家費用を含むがこれらに限られません)に関して、乙補償対象者に対して補償し、防御し、損害を与えないことに同意するものとします。

 

第7条  輸出入管理

甲は本契約書の履行に際してすべての関係する輸出入関連法規を完全に順守するものとする。甲は甲が本項に違反したことから発生するすべての賠償請求、要求、罰金、制裁、損害、または費用に関して乙に対して補償し、防衛し、損害を与えないものとします。

 

第8条  期間満了・契約終了の効果

 8.1
本契約書が何らかの理由もしくは便宜のために解除または期間満了により終了した場合、本契約書に基づいて供与されたライセンス対象ソフトウエアおよび権利は自動的にかつ直ちに効力を失うものとし、甲は直ちに、(i)ライセンス対象ソフトウエアおよびこれを含む甲の製品のいかなる方法による使用も停止し、(ii) ライセンス対象ソフトウエア(そのすべての複写を含む)を、乙の指示に基づき乙に返却するか破棄するものとする。

8.2
第3条(保証および権利放棄)、第4条(免責)、第6条(補償)、および第9条(その他諸規定)に基づく権利義務は、本契約書の期間満了または解除後も存続し、それ以後も両当事者および代表者、承継者および譲受者に対して拘束力を有するものとします。

 

第9条  その他諸規定

9.1
本契約書に基づきまたは本契約書に関連して両当事者間で何らかの紛争、論争または見解の相違が発生した場合、日本国の東京地方裁判所において最終的かつ独占的に解決するものとします。

9.2
本契約書の構成、有効性、解釈および履行ならびにこれに関連するすべての変更および追加は、日本法に準拠しかつこれに従って解釈するものとします。

9.3
乙は、法令の規定に基づき、本契約書を変更する場合があります。この場合には、乙は、本契約書を変更する旨及び変更後の本契約書の内容並びに効力発生時期を、甲に対し、乙のウェブサイトにおける掲載その他の適切な方法で事前に周知します。

以上

 

同意しない 同意する