プレスリリース

  • HOME
  • プレスリリース
  • Bluetooth通信機能搭載で、測定結果をスマートフォンアプリで管理 オムロン パルスオキシメータ HPO-300T ~医療関係者向けに4月26日発売~

Bluetooth通信機能搭載で、測定結果をスマートフォンアプリで管理 オムロン パルスオキシメータ HPO-300T ~医療関係者向けに4月26日発売~


オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下、当社)は、Bluetooth通信機能を搭載した「オムロン パルスオキシメータ HPO-300T(以下HPO-300T)」を、4月26日より、医療関係者向けに発売します。当社のスマートフォン健康管理アプリ「OMRON connect(オムロンコネクト)」を使って測定データを管理できます。

パルスオキシメータは、指先などに光をあてることで、SpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)と脈拍数を測定する医療機器です。肺から取り込まれた酸素は、赤血球に含まれるヘモグロビンと結合して全身に運ばれます。SpO2とは、動脈を流れる赤血球中のヘモグロビンのうち酸素と結合しているヘモグロビンの割合を、皮膚を通して測定した値です。
健康な人のSpO2標準値は96~99%で、喘息やCOPDなどの呼吸器疾患によって呼吸機能が低下し、正常に酸素を取り込めなくなると、SpO2は低下。90%を下回ると呼吸不全が疑われます。
また、SpO2は、新型コロナウイルス感染症の重症度を判断する指標としても活用されているため*1、SpO2を簡単に測定できるパルスオキシメータは、感染者宿泊施設等でも活用され、急速に普及しています。

※1パルスオキシメータの数値のみでは、新型コロナウイルスの感染判断はできません。

 

<この続きは以下をご覧ください>
https://www.healthcare.omron.co.jp/corp/news/2021/0420.html

関連記事一覧