プレスリリース

  • HOME
  • プレスリリース
  • 通信機能付き「自動血圧計 HBP-9031C 健太郎」が 横浜市が行うウォーキングを通じた健康づくり事業「よこはまウォーキングポイント」の新プロジェクトで採用

通信機能付き「自動血圧計 HBP-9031C 健太郎」が 横浜市が行うウォーキングを通じた健康づくり事業「よこはまウォーキングポイント」の新プロジェクトで採用

オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下当社)の「自動血圧計 HBP-9031C 健太郎」(以下HBP-9031C)が、横浜市の健康増進事業「よこはまウォーキングポイント」の新規プロジェクト「事業所向けウォーキング・血圧測定習慣化チャレンジ」に2022年7月から採用されます。

よこはまウォーキングポイント(以下YWP)は、横浜市が市民および市内に所在地をおく法人組織の事業所の従業員等を対象に取り組んでいる健康増進事業です。2014年度(平成26年)のスタート以降、4年毎を1期間として第3期目が今年からスタートしました。2022~2025年度(令和4~7年度)の第3期では、新たな取り組みとして「ウォーキングと血圧」をテーマとして「事業所向けウォーキング・血圧測定習慣化チャレンジ」(以下本プロジェクト)が実施されます。本プロジェクトの初年度となる今年は、横浜市内の5事業者を対象に通信機能付き血圧計と測定結果をスマートフォンアプリに転送できる専用システム「血圧測定ステーション」を貸与します。また、3か月ごとの従業員向けのセミナーの実施や、血圧を測定した人を対象としたインセンティブなど、従業員が運動や血圧に関する知識習得し健康意識を向上するきっかけづくりの取り組みも実施します。

 

<この続きは以下をご覧ください>
https://www.healthcare.omron.co.jp/corp/news/2022/0523.html

関連記事一覧