【出展レポート】ヘルス博Kyoto2019にブース出展いたしました

2019年11月22日(金)、京都経済センター内、京都産業会館ホールにて開催された「ヘルス博Kyoto2019」にて、ブース出展いたしました。

京都府では現在、「京都夢実現プラン 京都府総合計画」を推進しています。これは、「子育て環境日本一」や「府民躍動」、「文化創造」、「災害・犯罪などからの安心・安全」といった分野で、20年後に実現したい将来像をもとに計画が立てられたものになっています。

本イベントは今年初めて開催され、京都府総合計画の一つでもある健康をテーマに、京都府や全国健康保険組合、京都新聞などの団体によって主催され、個人や企業、自治体のマッチングが行われました。

出展者は、健康に関するサービスの各分野において活躍している企業が中心となっており、ご来場の方々からは、熱心に情報収集していただきました。

当社は、「Fit Food Biz Lite(フィットフードビズライト)」を提供している株式会社AIVICK様(京都市南区)と共同でブースを出展し、食を通じた健康経営のトータルソリューションとして、健康スコアの見える化、ランチ改善、健康リテラシーの向上など、健康経営認定基準(中小規模)の約85%を満たすことができるソリューションをご紹介しました。

Fit Food Biz Lite」は、いつでも、手軽に、低価格で健康的な食事を摂ることができる環境を実現する簡易社食サービスです。食事は、無添加であることはもちろんのこと、医師や管理栄養士によって監修された栄養価が高いものがお弁当としてクール便で提供されます。オフィスに届いたお弁当は専用の冷蔵庫で保管できるため、利用時間が決められている従来の社員食堂とは異なり、食事時間が不規則になりがちな社員が多い企業でも、社員に健康的な食事を摂ってもらえる環境を手に入れることができます。また、ご要望に応じて、食事改善セミナーの開催や組織の健康レベル見える化「ウェルネスチェック」など、企業の状況に合わせた提案が可能な柔軟性の高いサービスとなっています。

将来的には同社の効果測定用の分析ツールと、「OMRON connect」を連携することで、社員が日々計測した体重や血圧などのデータが自動連携されるため、より詳しい健康状態の分析が可能になります。

イベント当日は、社員の健康が気になる企業の経営者や人事部の方々から、多くのご質問を頂きました。また、ミニセミナーにも多くの方に足を止めていただき、社員の健康に配慮する企業が増えていることを実感いたしました。

当日お越しいただきました方々へお礼を申し上げますとともに、残念ながらお越しいただくことができなかった方々におかれましては、もしご興味をお持ちいただけましたらお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

ご来場ありがとうございました。

※株式会社AIVICK 「Fit Food Biz Lite」についてはこちらをご覧ください。